FC2ブログ
新米会計士補の日記
新米会計士補が日々考えていることを発信する日記。 まだまだわからないことが多いけど、 これからしっかり勉強していきます!


プロフィール

新米会計士補

Author:新米会計士補
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


棚卸資産の監査
前回は監査人にとっての棚卸立会いについて書きましたが、
クライアントの方にとっても、立会で現物を確かめることは大事です。

決算にあたり、現物と帳簿の在庫数量を合わせるのはもちろんのこと、
在庫の評価の基礎データになったり、従業員による不正があった場合のその発見
と、再発防止施策の策定、
在庫管理方法の見直しに役立ったりします。

また、それ以上に、在庫管理は企業のビジネス上、大事な意義があります。
(そういう意味では在庫管理という言葉はもう時代遅れなのかもしれませんね。
。。
今は、在庫を「生産して販売される」という流れの中でとらえるものなのだそう
です。)
例えば在庫に過不足があると、
 ・販売機会の喪失
 ・売れ残りリスク
が生じ、販売機会の損失はさらに競合企業を強化させ、競争環境を悪くする恐れ
がありますし、
売れ残りリスクはさらに、倉庫スペースを圧迫、乱売による価格下落リスク、ま
た廃棄コストの増大というリスクを生じさせます。
(でも、実際は私なんかが、簡単に言うことができる領域ではなく、非常に難し
い内容です。
だから、監査人も財務報告に関係するところを中心に見るのですが。。。
監査役さんとかが棚卸に立ち会う際には、上記のような点も視野に入れて立ち会
われるんでしょうね。
「もっと在庫量が少なくできるのではないか?」とか「効率的な保管がされてい
るか?」とか。)


さて、棚卸資産の数量の監査の続きです。
立会によって棚卸時の在庫数量を確定させたら、それが帳簿に反映されているこ
とを確かめます。
帳簿上は、クライアントで保有する全ての倉庫の在庫数量が反映されているはず
ですから、
棚卸立会に行った倉庫だけの在庫数量と合わせようと思っても、両者は一致しな
いことがあると思います。
だから、外部保管倉庫であれば、そこで保管している在庫数量を教えてもらう(
確認状を送る)こと等により、
他の倉庫のデータを入手し、それを考慮して、棚卸実施時の在庫数量がちゃんと
帳簿に反映されていることを確かめます。

商社なんかだと、仕入先から売上先に製品が直送されたりしますが、
いろいろな業種があるので、そのクライアントのビジネスモデルに従った処理が
なされているかどうかも確かめます。
(クライアントのビジネスモデルを理解する必要があり、その度その度に判断し
なければならないので、
これが非常に難しかったのですが。。。
まぁ、規定がクライアント毎にあるのですが、それが正しいかどうかなんて、生
半可な理解できるものではありません。
ですから、棚卸資産担当者は、ちゃんとクライアントを理解しておかなければな
りません!!!!!
これからも、注意しようっと!)

さらに、棚卸実施時が決算日とは限らないので、リスクに応じて入出庫明細を閲
覧し、分析的手続を実施し、
また必要に応じて納品書等を受領し、決算日の在庫数量を確定します。

「重要な虚偽表示のリスクの評価手法(監査・保証実務委員会研究報告第19号)
」には以下の記載があります。



5.実証手続の設計
(2) 実証手続の設計
④ 実施時期と残余期間
 実証手続の実施時期については、期末日前を基準日として実施する場合、監査
人が期末日に存在する虚偽の表示を発見できないリスクの程度は高まる。このリ
スクは、残余期間が長いほど高まる(監査基準委員会第30号第56項)。つまり、
重要な虚偽表示のリスクが低ければ低いほど期末日より前の基準日で、実証手続
を実施することが可能になる。
 また、重要な虚偽表示のリスクが低く、期末日前の基準日で実証手続を実施す
る場合について、監査基準委員会第30号第56項では、考慮事項を以下のように挙
げている。
 ・ 統制環境及びその他の内部統制の構成要素
 ・ 実施日における監査手続に必要な情報の入手可能性
 ・ 実証手続の目的
 ・ 評価した重要な虚偽表示のリスク
 ・ 取引又は勘定残高の特性及び関連する経営者の主張
 ・ 期末日に存在する虚偽の表示を発見できないリスクを低い程度に抑えるた
めの残余期間に係る実証手続又は運用評価手続との組み合わせで実施する実証手
続の実施可能性
 基準日より期末日までの期間、つまり残余期間での手続について、監査人は、
期末日前を基準日として実証手続を実施する場合でその結果を期末日まで更新し
て利用するためには、残余期間について実証手続を実施するか、又は実証手続と
運用評価手続を組み合わせて実施しなければならず(監査基準委員会第30号第55
項)、残余期間への実証手続の実施を必要としている。
 この残余期間に対する実証手続として、監査人は、通常、期末日現在の残高を
期末日前の対応する残高と比較し、異常と考えられる差異を識別し、残余期間に
ついて分析的実証手続又は詳細テストを実施する。監査人は、残余期間について
分析的実証手続を立案する場合、期末日現在の取引又は勘定残高に関し、その金
額、相対的な重要性及び構成内容を合理的に予測できるかどうかを考慮する(監
査基準委員会第30号第59項)。




このような形で棚卸資産数量を監査しています。
難しいですよね。。。が、、、
もっと難しいのが、数量に乗じる価額の妥当性を監査することです。
(説明する自信がないくらい。。。)
これはまた次の機会に。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

通りすがりの会計士受験生です。
わかりやすく読み応えもあり、参考になりました。
次回の更新も楽しみにしています。

失礼します。

【2007/07/16 22:10】 URL | けんたろ #LkZag.iM [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。